1. ホーム
  2. サービス紹介

サービス紹介

理想の医療介護チーム連携を実現するメディカルケアステーション(MCS)

メディカルケアステーション(MCS)は、全国の医療介護の現場でご利用いただいている地域包括ケア・多職種連携のためのコミュニケーションツールです。

さまざまな端末で利用できます(マルチデバイス対応)
ひとつのアカウントで、パソコン・タブレット・スマートフォンからご利用いただけます

医療介護連携でみられる
コミュニケーションの悩み
こんなお悩みありませんか?

  • 患者さん・利用者さんの情報は関係者にもっと手軽に、詳細に情報共有したい

  • 電話では相手の都合が気になる、FAXや連絡ノートは相手が見たか再度確認が必要

  • 患者さん・利用者さんと必要な時に必要なコミュニケーションをとりたい

  • 困った時や学びたい時に相談できる環境がほしい

特長の紹介 MCSが解決します!

関わるメンバーにいつでも・どこでも情報を共有でき、連絡業務の手間がグッと減ります。

いつでもどこでも、チームに共有したい情報をMCSに投稿するだけ。電話やFAXなどの情報連携でかかっていた手間と時間を短縮できます。投稿は時系列で残り、忙しいときは後から見返すことができるので連携漏れの心配はありません。読んだら、「了解」ボタンを押すだけで情報を把握していることを伝えられるなど、業務の負担にならずに情報連携ができます。

電話やFAXでは遠慮もあり、緊急性の高いケース以外は夜間や土日の情報がタイムリーに上がってくることはありませんでしたが、MCSでは些細なことでも書き込まれるため、その後の予測が立てられます。24時間訪問介護のスタッフさんが、夜間に『患者さんから連絡があったので訪問しました。出血痕があったので画像を添付します』と書き込んでくれたことも この事例を見る

チームメンバーが状況を共有しているから、患者さんやご家族も安心

連絡事項は症状写真や資料、動画とともにすぐに伝えられるので、リアルタイムに分かりやすく情報を共有できます。投稿は時系列で残り、変わっていく状況も把握できます。「訪問に来たスタッフがみな、私の状況をわかってくれていて安心」という患者さんのお声もいただいています。

ご家族が海外に住んでいるケースでは、ご家族に病状説明や普段の会話の様子を普段から事細かに伝え、普段の生活の様子も写真と共に共有、スタッフの尽力に患者家族から感謝の言葉が伝えられました。看取りになる前に帰国が叶い、家族で濃厚な時間を過ごすことができました。この事例を見る

医療介護の現場で活用できる便利な機能が充実。相談もかんたん、必要な情報もすぐに見つかります。

連絡ノートやカルテ、FAXなどメンバー間で共有したい資料は、写真に撮ってMCSにアップするだけでOK。患者・利用者ごとに検索できるので、必要な資料もすぐに探すことができます。その他にも、コミュニティ内での相談機能、入退院情報をやりとりできる機能、医薬品データベースとの連携など、医療介護の業務を効率化する便利な機能が充実しています。

血糖コントロール、嚥下のための姿勢維持、転倒予防など、すべてにおいて1つもミスができない状況で、多職種が連携プレーで再入院を回避。医師、看護師、ケアマネらがMCSで血糖値や食事内容、全身状態から自宅や家族の様子といったことまで情報のやりとりを重ねました。専門性の高い看護師でないとわからないことも、MCSに情報がアップしてあれば反応してもらえます。 この事例を見る

患者さんやそのご家族も招待することができ、必要な情報を共有できます。

患者チームの一員として、患者・利用者ご本人やご家族を招待することもできます。「忙しい医療介護従事者に直接電話するのは気が引けることも、MCSなら手が空いた時に見てもらえる」と、質問や連絡を行えるツールとしてご好評いただいています。医療介護従事者のタイムラインと患者・利用者を招待できるタイムラインは分かれているので、医療介護関係者でとどめておくべき情報は患者側へ伝わらないようになっています。

看護師に伝えたことが医師に伝わっていない、スタッフが変わるごとに一から病状を説明しなければいけない、といったことに不便を感じていた患者さんが、日常的に医療介護従事者と直接コミュニケーションをとることで信頼関係が深まり、表情まで明るくなってきました。医療介護従事者との関係が安定してからは不必要な入院が減り、自宅で多くの時間を過ごせるようになりました。この事例を見る

「コミュニティ」で、医療介護の課題に取り組む人・情報・知識のつながりをさらに広げる。

「コミュニティ」機能で、地域、専門性、疾患など様々なテーマや目的を持った全国の医療介護従事者と意見交換ができます。約14万人の医療介護ユーザーが利用しているMCSなら、人・情報・知識のつながりを効率的に広げていくことができます。

地震などの災害が起きた時、MCSでどこでどんな被害が起きているかどんどん共有され、ピンポイントの情報が在宅医療を行ううえでとても役立ちました。この経験をもとに、より広域の取り組みへと広げていくことを目指し多職種連携のネットワークを広げています。 この事例を見る

セキュリティについて 厚生労働省のガイドラインに準拠したセキュリティで大事な情報を守ります

MCSは厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に基づきご利用いただけます。
ガイドラインに準拠してご利用いただくための運用管理規程もご用意しています。

詳しく見る

料金について

基本機能 0

基本機能は無料でご利用いただけます。

高セキュリティ端末レンタルサービス(有料)

MCSをいつでもどこでも、よりセキュアに安心してお使いいただくことのできるタブレット端末「MCS mobile」のレンタルサービス(有料)をご用意しております。

詳しくはこちら